fc2ブログ
2022
01.15

無症状を追うな

Category: 未分類
コロナ禍において一番厄介なのが
「無症状感染」である。

感染疫学的には原則
「無症状者は他者に感染させる」ことは
”ほとんどない„とされている。

なぜならば無症状者は自らの免疫等で
症状の封じ込めに成功しているわけで
ウイルスを駆逐できている状態のことを
「無症状」というためだ。

なのでPCR検査は
感染力があるかどうかの判断には不向きである。
実際、開発者が
「感染症診断に使ってはならぬ」と警告している。

免疫で駆逐できたウイルスの残骸を拾って
「本日のPCR検査陽性者は過去最多です」と
連日騒いでいるが、大切なのはそこではない。
重症者や治癒までの期間が指標であるべきで
いまだ不安を煽る報道は何故なんだろうか。

オミクロン株は無症状や軽症者が
デルタ株より20%増加しているらしい。
これは「自然免疫で治癒」できる率が
増えているということ。
ウイルスの本質は変異するのが当たり前。
そうやって人間より長く生き延びてきた。

過去にさかのぼって毎年流行していた
風邪やインフルエンザの濃厚接触者に
PCR検査をしていれば
いまのオミクロン株より
数十倍以上の無症状感染者がでているよ。
ほな、どうなっていたの?
ただの風邪で経済や人流をとめるの?
(今現在、日本においては)
データー上ではただの風邪になりつつある。
(風邪<オミクロン<インフルエンザ)

これがウイルスの毒性より
有識者たちの判断で状況を悪化させているという証拠。
決断者の勇気があれば、すべてが滞ることなく回るとおもうが
保身や利権に雁字搦めでは弱者が犠牲となる。

これだけデーターが出そろっているのに
「すまんかった」、「間違っていた」とは
誰も言わない。
真実に目を背け空気感によって動くさまは
あの忌まわしい第二次世界大戦と同じ。
上の判断で国を滅ぼす。

なので「正しいこと」が報道されているとは思わないで。
「偉い人たち」は平気でうそをつく。

ようは、このコロナ禍
「自分を強くするチャンス」と思ってないと
やってられない。

そう信じてコツコツとやっていきましょう。





スポンサーサイト




Comment:0  Trackback:0
トラックバックURL
http://kamei1976.blog.fc2.com/tb.php/631-30fdc664
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top