FC2ブログ
2020
10.07

正しく恐れる

Category: 未分類
日本は世界と比べて
本当に不思議な人種らしい。

個の考えよりも
世間の空気感を優先させるのが
良しとされている。
右に倣えで安心する。
諸外国からは
”自己主張しない日本人”
とみられている。

コロナ禍においては
この国民性が感染拡大防止にもつながっているが
暗澹とした生活模様の原因にもなっている。

世の空気を大切にしすぎるあまり
自粛警察や同調圧力というものが生まれ
それらの意見や考えから逸れると
非難されたり攻撃される。

これはおかしい。
感染下においては
空気感よりもファクト(事実)を
詰めることのほうが大切だ。
そうしないと世の中正しく回らない。

新型コロナに関しては
「毒性の低いウイルスで
 免疫状況によっては重症化するもの」で
終息にしようよ。

ファクトとして
軽症及び無症状感染者の割合が90%を占め、
その特徴として感染しても
「抗体」ができないことがあげられる。

一部の感染者では抗体ができるが
すぐに抗体が消失してしまう。
それは免疫防衛システムが
人体への「敵」かどうか迷うくらいの
弱毒性のウイルスということではないのか。
(遺伝子学的にアジア人系の多くは
 すでに免疫を獲得しているので
 抗体ができにくいという説もある)。

このことから人体防衛システム(免疫)では
新型コロナは抗体をつくるまでに至らないウイルス。
または自然免疫で対処できるウイルス。

つまり、常在菌の一種として
”共存共栄できるウイルス”と
身体の防衛システムが判断していることだ。
常在菌であれば抗体を作る必要もない。

重症化する一部の人は
ウイルスの強毒性が原因ではなく
免疫の暴走によるものだ。

人は皮膚で1兆個、
腸内細菌は100兆個も常在菌と
共同生活している。

免疫が下がったときに悪さする
ヘルペスウイルスも
ほとんどの人が大人になるまで感染し
体内に潜伏(常在)している。

余談が長いが下記参照↓
(ヘルペスに感染したから発症するのではない。
 宿主の免疫力が下がるとウイルスが自身にも影響すると判断し、
 新しい宿主を探す。宿主から脱出する際は無数の
 ウイルスを撒き散らす。そうしないと脱出できない。
 それが、あのブツブツのヘルペスの正体。
 脱出先は大抵、大人から子供)
 詳しくは👉 http://jikeivirus.jp/

新型コロナウイルスも
それら一つの常在菌やウイルスとして考えようよ。

世の中は合理的なことより
不思議なことに遭遇することのほうが
圧倒的に多い。

新種のウイルスを合理的に
まとめようとするのは無理がある。

不思議・未知・奇跡の連続が
生命活動なんだから。







スポンサーサイト




トラックバックURL
http://kamei1976.blog.fc2.com/tb.php/537-76ba8008
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top