FC2ブログ
2019
10.22

貯筋しましょう

Category: 未分類
皆様、お疲れ様です!

昨今は健康意識が高まり
高齢者の方がスポーツジムを
利用する方が増えています。

私もジムに通っているのですが
いままでの「筋肉野郎」の集まりとは違い
高齢者の社交場になっている感じがします。

なので、
「ウォ~リャ~!」とか
「うむー!」など
気合いスイッチを入れる声出しは
場違いみたいな雰囲気があり
遠慮して筋肉をイジメています。

たしかに、高齢期の健康において
筋肉を鍛えるというのは大切です。

加齢とともに筋肉量が減り
それが介護を必要とする原因とも
なっていますから。

全身の筋肉量が多いと
免疫力や代謝の活性化
全身血流量増加などで
風邪の予防や転倒の原因を減らすことができます。

筋肉は何歳になっても正しく刺激できれば
筋肥大、筋力の向上ができます。

登山家の三浦さんは75歳の時より
現在の方が(87歳)筋力が上がり
いまもエベレスト登頂にむけて
厳しいトレーニングを積んでいるそうです。

『高齢期トレーニングのポイント』
・無理なく自分のリズムで続けましょう。
・『貯筋』するイメージでコツコツと。
・重い負荷は『百害あって一利なし』
・効果の表れは回数よりも筋緊張時間の方が重要。
・栄養補給も忘れずに。






スポンサーサイト



Comment:0  Trackback:0
2019
10.18

自己免疫力

Category: 未分類
医療の全技術を駆使しても
治せる病気は10%くらいしかないと
IPS細胞の山中教授は仰ってます。

高齢期においては
様々な慢性疾患を抱えている方が多く
病気のことを考えて過ごす時間が
不幸感を増す原因ともなっております。

10%くらいしか
医療の力で治らないのだったら
あえて、医療にかかわらず
病気のことを考えない時間を増やすほうが
幸せだと思うのです。

病気の予防のために節制しても
病気になる時はなります。

また、平均寿命を超えると
元気に過ごしていた方も
急にお亡くなりになることも多いのです。

言葉はあれですが
ある程度の年齢になれば
”覚悟して生きる”ことが
本人やその周囲の人が
受け入れることが必要だと思います。

これらのことを含んで
近年の高齢期医療においては
「自己免疫力」を高めて
病気の予防をしましょうと
啓発されています。

免疫力が高い状態が続くと
持病が悪さをしなくなったり
病気の治癒さえあります。
これから流行りだす
風邪予防にも効果ありです。

免疫力を高めるには
「気持ち」の部分が
大切です。

気持ちを前向きにしていくには
「覚悟して生き切る気持ち」です。
医者、病院まかせではなく
主体を”自分”にして
”いまどうしたいか”を大切にしましょう。

人はいずれ命が尽きます。
いつ終わるかわからないことに
悩んでも仕方ありません。

それよりも
今できることをに注力し
「死」をまつのでなく
「生き切る」という気持ちで過ごす方が
免疫力は高まります。

自分がその立場になっていないのに
高いところから物言ってすみません。

だけど、
亡くなったら何もできないということだけは
確かなのです。

今できることに注力できるような
利用者さんとの関わりを増やしていきたいと思います。










Comment:0  Trackback:0
2019
10.15

気象病

Category: 未分類
台風19号は広範囲にわたり
激甚災害をもたらしました。
地球温暖化により災害レベルが
1~2ランク上がっているのです。

ある専門家は
「日本は温帯気候ではなく
 東南アジア地帯の熱帯雨林気候に
 移り変わっている」
と分析しています。

気候が変われば私たちの身体にも影響がでます。
気圧や湿度、そのような変化に身体は無意識のうちに
調整してくれています。

その機能をホメオスタシスといい
恒常性を保つように頑張ってくれています。

しかし、急激な天気の変化などは
身体の機能が追いつけず
いわゆる「気象病」という症状を引き起こします。
特に前線が通過するときが気圧の差が最も大きくなり
それらの症状を悪化させます。
(気象病の原因は『気圧』の差によって引き起こします)
(症状:頭痛、めまい、慢性痛の悪化、肩こり等
    幅広く、身体・精神に影響を及ぼす)

今回の台風19号は気圧が985hPaから
一気に920hPaまで下がりました。
1hPaで海面が1cm上昇します。
人間の身体は60%が水分なので結構な影響を受けます。

人体においての気圧センサーは内耳にあり
内耳の循環液を改善させることが
予防、治療のポイントとなります。

<予防・治療ポイント>
・まずは天気によって身体に影響がでるということを知る。
・首のストレッチ、お灸など血行を良くする。
・乗り物酔い・痛み止めの薬を飲む。
・運動をする(運動は自律神経を整え、血流を改善する)。

台風が接近する時期や
梅雨、気圧配置が乱れやすい春先など
気象病に悩まされる方が増えてきます。

どうぞ、体調管理にお努めください。




Comment:0  Trackback:0
2019
10.12

台風19号

Category: 未分類
早朝から強い雨が窓をたたき
台風の影響がどうなるかなと
心配していましたが
時間を短縮してなんとか無事、
本日の営業を終えることができました。

中部地方や関東の方は
停電や車が浸水するなどの被害がでており
その影響が最小限に、また早い復興になることを
祈っております。

このような悪天候でも
デイをご利用いただきありがとうございました。

また、気を使っていただいて
お休みを選択された方も
ありがとうございました。

スタッフの皆さんもお疲れ様でした。

今日は早く帰ってゆっくり休みましょう。






Comment:0  Trackback:0
2019
10.05

秋の味覚

Category: 未分類
食欲の秋といいますが
サンマも不漁で高騰し
松茸は我が家の財布の事情で
絶滅危惧種となっています。
よって秋の味覚を失いつつある
今日この頃です。

まぁ、そこは切り替えて
手の届きそうなところで
重宝ししている食材があります。

それは「キノコ類」です。
少し冷え込んできたら鍋にも合いますし
味噌汁の具材としてもOK
バター焼きも匂いとともに味わえます。

しかもキノコ類は腸によろしい!

近年、健康と腸の関係が注目しています。
私が崇拝している認知症研究会でも
「腸を整えることが病気予防につながる」と
発表されています。

うつもアトピーもアレルギーも
認知症も筋肉生成も精神安定も。
もっと言えば骨髄でしか
血は作られないとされてきましたが
腸でも血を作られていることがわかってきました。

健康と密接している腸を整えることは
キノコ類が抜群なのです。

あとは”生姜”もお勧めします。
生姜には血流促進作用や整腸作用、
そして「腸の炎症」を抑えてくれる作用があります。

我々が普段手軽に口にする食べ物は
農薬や添加物などが含まれています。
それらが腸に慢性的な炎症を引き起こし
病気や身体の不調を引き起こしています。
そのような状況に「生姜」が効果的なのです。

この秋は「腸」を整え「調子」良くいきましょう。





Comment:0  Trackback:0
back-to-top